お知らせ ビープラウド、「90日で稼げるプログラマーに」オンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」を販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月

29

アーバンデータチャレンジ2016キックオフ with Code for Kyoto

京都をもっとよくするアイデアソン&もくもく会・GoogleMapでWebサービス作ろう[初心者OK]

主催 : Code for Kyoto / 協力:GDG京都

ハッシュタグ :#codeforkyoto #UDC2016
募集内容

参加枠1

無料

参加者数
2

イベントの説明

アーバンデータチャレンジ2016キックオフ with Code for Kyoto 〜京都をもっとよくするアイデアソン&もくもく会/GoogleMapでWebサービス作ってみよう[初心者歓迎]!〜

アーバンデータチャレンジ2016の京都ブロックキックオフイベントです!

京都市の持つ公共のデータを使って、京都をもっと住みよく、楽しめるまちにするためにどうすればいいか、一緒に考えてみませんか? すでにコンテスト応募のためのアイデアを持ってる人やチーム参加もOK! もちろん1人での参加も大歓迎です!

今回はプログラムできないけれど参加してみたい!って人のために、GDG京都さんの協力を仰ぎ、GoogleMapを使って簡単なWebサービスを作ってみよう!というワークショップも開催できることになりました。 データの活用は、まずはデータをいろいろな角度から”見える化”することが大事です。

ご自身のノートパソコンを持ってきてくださいね。

//スケジュール(予定)//

13:00 スタート! 13:00〜14:00  ・コンテストで入賞を目指そう!アーバンデータチャレンジ2016について(UDC実行委員・石井さん) ・Civic Tech とは?(Code for Kyoto)

14:00〜17:00 ※参加者の方によって、各チームにわかれていずれかを行います ・プログラミングもくもく会 ・プログラミングわからなくても大丈夫〜Fushion Table を使ってマップサービスを作ってみよう!ハンズオン  (AEDや避難所データを使ってマッピングしたサービスを作ってみよう) ・京都をもっとよくするためのアイデアソン

●アーバンデータチャレンジとは /// 地域課題の解決を目的としたアイデアやアプリ・サービスを対象としたコンテストです。 条件は、自治体が提供している公共のデータを活用していること。 2015年度は全国から20の地域拠点が参加、158作品もの応募がありました。 今年は拠点が30に増え、ますますパワーアップして開催されます!

UDC(アーバンデータチャレンジ) http://urbandata-challenge.jp

●Code for Kyotoとは /// 地域の社会課題をICTの力を用いて解決しよう!という思いの元、集まっている団体です。 京都に住んでいる地元の住民の方、京都に観光で来ている人、京都で働く人・・・などなど、京都に関わっている人が抱えている課題をITの力を使って解決していこう、といこうと活動しています。 プログラムができるデベロッパー、デザイナー、企画・アイデアを考えるプランナー etc... ちょっとでも興味を持たれた方なら、誰でも参加OKです!

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

kyokoohtagaki

kyokoohtagaki さんが アーバンデータチャレンジ2016キックオフ with Code for Kyoto を公開しました。

2016/10/13 09:36

アーバンデータチャレンジ2016キックオフ with Code for Kyoto を公開しました!

グループ

Code for Kyoto

イベント数 2回

メンバー数 19人

終了

2016/10/29(土)

13:00
18:00

募集期間
2016/10/13(木) 09:35 〜
2016/10/29(土) 18:00

会場

Oinai Karasuma

京都府京都市中京区手洗水町647

Oinai Karasuma

管理者

参加者(2人)

ofuku3f

ofuku3f

アーバンデータチャレンジ2016キックオフ with Code for Kyoto に参加を申し込みました!

YukitakaHirono

YukitakaHirono

アーバンデータチャレンジ2016キックオフ with Code for Kyotoに参加を申し込みました!

参加者一覧(2人)

キャンセルした人(1人)